相手に不快を与えることだけは論外!

相手に不快を与えることだけは論外!

スマートフォンが大好きな人ってホント多いですね。電車の中でもカフェでも街中でもトイレでも…… 利き手にはスマートフォンを持ち、片手間にその他の行動をしているような人ばかり見かけます。

やはり僕の周りにもそのような人はいます。後輩の一人に中でも特にスマートフォン大好きっ子がいまして、この間は仕事中にいじいじしているのを上司に見つかってこっぴどく叱られていましたね。いい気味とまでは思いませんが、少しはこたえたかなと思うも、休憩時間になれば相変わらずいじいじ。こりゃ中毒だなって思いました(笑)。

そう、今の世の中スマートフォン中毒者が多すぎる! タバコやアルコールなんかよりよっぽどスマートフォン中毒者が多いと思うのは僕だけではないはずです。どこかで歯止めを利かせないと、危ないと思いませんか?

明確な目的があってスマートフォンを操作しているのであれば、誰も文句は言わないでしょう。ですが、スマートフォン大好きっ子に目的を尋ねると実にくだらない目的ばっかりなんですよね。ただネットを閲覧してニュースを読んでるだけとか、個人のSNSサイトをチェックしているとか、ゲームしてるとか…… それらを仕事中にしてるんですよ? こりゃまずいでしょう(苦笑)。

でも、僕は不快を感じつつも誰かがスマートフォンに夢中になっていても文句は直接言いません。楽しければまぁいいんじゃないかという気持ちがあるからです。また、そいつがスマートフォンに溺れて痛い目にあっても僕の知ったことではないという冷たい気持ちもありますけれどもね(笑)。

ただし、人と会話しながらスマートフォンを操作するという行為だけはどうにも我慢できませんね。そういう相手と会話していると、そいつからスマートフォンを取り上げて地面に叩きつけてやりたい気持ちになります(やりませんけど)。これはさすがに失礼だろって思いますから。

年上の人には言いにくいので我慢してますが、後輩に口すっぱく言ってます。「会話中はスマートフォンしまえよ~」って(笑)。笑顔でいつも言ってますが、心は結構真剣です。

誰が何を楽しむかは自由! ただし、それを持って相手に不快を与えることは論外! その点だけは理解してもらいたいもんですね。

空気清浄機は手放せない

部屋に家電を大量に置くのは嫌いな性格なので、極力家電を増やさないように心がけています。

洗濯機は置いていません。もっぱらコインランドリーで洗濯しているので、必要ないんですよね、これが。週に1回コインランドリーにお世話になれば十分。一人暮らしなら、1週間の洗濯ものの総量もたいしたものじゃありませんからね。

エアコンはついてますが、まず使わないですね。電子機器で温度を調整するのが苦手なんです。空気が気持ち悪く感じてしまって。寒ければ部屋で厚着すればいいし、ちょっと体を動かせばいいですし。熱ければ窓を開ければ心地よい風が入ってくるので十分です。

掃除機も置いてません。掃除はほうきと雑巾でやってますから、掃除機は必要ないんです。昔ながらの掃除方法の方が、体も動かせて気持ちよいんですよ。こういうところで体を動かさないから今の人は体が鈍っていくんですよ(笑)。

部屋にあるのはメディア再生プレイヤーと薄型テレビ、冷蔵庫、電子レンジなど、自分で絶対に必要と思えるようなものだけです。映画が好きなんで再生機とテレビは欠かせず、冷蔵庫やレンジは食生活の要なのでやはり必要です。後は、デスクに備えたスピーカー、そして空気清浄機かな?

家電をあれこれ置くのが嫌いなくせして、空気清浄機なんていう家電だけは必要に置いています。これだけは譲れないんですよね。

僕は部屋の空気の質に以上に拘っていまして、ちょっとした乾燥や高すぎる湿度

だと気持ちが悪くなって嫌なのです。それから花粉やほこりといった微粒物質が漂っているのも大嫌いです。常に部屋には新鮮な空気が循環していなければ、満足できません。

使用したことが無い人には分からないでしょうが、空気清浄機の恩恵というのは素晴らしいものですよ。使用するまでは、朝起きたときの喉の乾燥や空気のよどみに気持ち悪さを感じていたのが、それが一切払拭。今ではすがすがしく素敵な目覚めの毎日です。

家で仕事を一日中することも珍しくないので、気持ちの良い空気の中作業できれば効率も上がります。人間の活動力の重要な一つである空気が新鮮なだけで、行動力や頭の回転は大きく変化するんです。

僕の部屋に尋ねてくる人は「空気清浄機がなければもっとスッキリするのにね」なんていいますが、これだけは手放せませんね。